読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふみよむつきひ

毎日考えていること

全く眠れない。

 

それは多分今朝11時まで爆睡していたせいで、13時ころまでのろのろとテレビなんかを見ていたくせに

結局夕方に2時間くらい寝てしまったせいだと思うんだけれどね。

2階で弟がすこやかに寝息を立てている。

風呂に入るといったくせにまだ入らない、洗濯機のかけかたも知らない弟。

洗濯物も畳まない洗い物も言わなきゃ手伝ってくれない掃除機もかけない弟。

書いてるとむかついてくるので、やめる。言えばやってくれるだけましなのか。

私の締め切りが終わったら、家のやることをある程度放置してみようかなあと思う。

家にいるからやってくれてることに慣れるんだもの、自分でやってみりゃいい。

私も大したことしてるわけでもないんだけど。

 

卒業論文が終わらない。終わらない、というより、家でパソコンを開くと何を書いたらいいのかよくわからなくなる。

先生と話した後はすごいやる気なのにな。どうしてなんだろう。

私の頭って3歩あるくとものごとを忘れてしまうのね。おおざっぱなことしか記憶できない。

常に3cmくらい浮いたところでものごとを見ているようで、地に足が付いたという実感を得たことがあんまりないような気がする。

やっぱり、頭が悪いのかしら。バカの物真似をしすぎたのかしら。

まあそんなことはどうでもいい。卒論が終わらない。

時間がないというのもあるけれど、何を書いていてもすごく不安なのだ。

こんなこと嘘っぱちなのではないだろうかと思う。

いや、このテーマ(先住民族系)関わってて思うけど、繊細さの主張は門戸を狭める結果にしかならないと感じる。卒論を書き始めてからは特にね。

LGBTにしてもそうだけれど「差別だ!」という主張は方法を選ばないと、これから理解していこうとしている人のやる気をそぐし、正直入りにくいよ。

差別がある現状はもうどうしようもないもので、思いやりというあいまいな言葉で分かり合えるわけがない。思いやりで相手の立場になることで問題が解決するなら、とっくのとうに世界は平和だよ。

理解してほしいと思うなら、間違えたときにやさしく諭す気持ちをもたないとダメだと思う。

これも生ぬるい意見なのだろうか。差別される立場になったとき、私は同じように言えるのかな。

 

今日も眠れないで結局この時間だ。寝なくては寝なくては、と思うからなおさら眠れない。

結局卒論もかけない。つくづく、ギリギリになって切羽詰まらないとやる気でないタイプだなあと実感する

集中力がない。明日は頑張らないとね応援して待ってくれている人がたくさんいる。

 

ん~こんなこと書きたかったわけではなかったんだけどなあ。結局、卒論で私は悩んでるんだな。考えること考えること卒論ばかりだ

あとは明日の卒論ゼミ10:40からだけど起きられるかな、ってことを考えてる。あ、結局卒論だ。どうしようもない。

思うところあることはあるけれど、それはきっと、今のわたしにとって卒論より大事ではないのだ。私の考えるべきだいじなことだと思うんだけれどな。今は仕方ないね。誰かの幸せをドレインして生きる私のことだ。悲しい。

ほっといたiTunesみたく、気がついたら12月15日になっているのだ、泣きたくなるな。

 

沢山文章を書いたから、きっと明日は何かがかけるはず。信じているから、つめたいおふとんに無理やりもぐって目を閉じる。皮肉屋で頭のいいあの人がわたしを許してくれますように。